個人に映像制作を依頼する時の注意点

映像制作依頼時の注意点とは?

現在の動画制作の需要の高まり

前述しましたが、現在では映像制作に必要な機材が安価で揃えられることも伴って、個人で映像制作を請け負うところも出てきました。大企業の中でも、個人の事業主に映像制作を依頼するところが増えてきています。 その中で、個人の映像制作主に動画を依頼するときのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

出せる費用を決めておく

動画制作は、敷居が低くなったとはいえ、ある程度の金額がかかります。 一番気を付けなければならないところが、初めの予算を超えた金額を請求されることがあるということです。 価格というのは、最も重要な事柄なので、その点については、このページで見ていきましょう。

個人事業主に頼むときのメリットデメリット

以前は、動画と言っても、私たち一般の人が目にするのはテレビで流れてくるコマーシャルが代表的でした。
現在は、インターネットの普及が進み、YouTubeなどでは、普通の人が自分で動画を作成して投稿することが可能になりました。
企業などでも、以前は「動画制作は高価なもの」と位置付けられていましたが、最近ではもっと敷居が低くなり、さまざまな場合に動画を用いることが多くなりました。

企業の中では人材を採用する際に、自分の会社や仕事についての説明を動画にしてある採用ビデオを用いるところも多くなりました。

また、自社の商品などをさまざまな場合に紹介するときに、プロモーションビデオを作成の依頼をする会社もあります。

また、皆さんもおなじみであると思いますが、YouTubeなどのサイトで流れる広告動画を依頼する場合もあります。またYouTubeだけでなく、Instagram、Facebookなどでも、動画が用いられています。

それだけでなく、スーパーなどのお店や、電車の中で流れてくる動画、自動販売機で流れてくる動画など、周りを見渡すと気づけば色々なところに動画が使用されてきています。

そのような中で、企業側としても、色々なところに動画制作を依頼するのですが、最近では依頼先を個人の事業主にするところもあるようです。
なぜ個人でも動画制作が可能になったのか?
それは動画制作に必要な機材が以前よりも格段に安くなったことがあります。

発注先の選び方

それでは、動画を発注する際、どんなところを選べば良いのでしょうか…。 現在では、個人の事業主も相当な数出てきています。このページでは、発注先の選び方について、いくつかのポイントに分けて考えてみました。 実際に動画を発注するときにご参考になさってください。

TOPへ戻る↑