映像制作依頼時の注意点とは?

>

現在の動画制作の需要の高まり

個人事業主に頼むメリット

個人のビデオ制作者に頼むとき、一番のメリットは価格が安い場合が多いことです。
特に、結婚式のビデオ撮影等、内容がほぼ決まっている動画などについては、企業として動画を製作しているところより、個人のビデオ制作者に依頼した方が安く済むようです。
(会社のセミナーなども比較的内容が決まっているので安く受けてくれるところが多いようです)

また2番目に、個人でビデオを作成しているため、発注者の急な変更などにも、臨機応変に対応してくれるところが多いようです。映像制作会社に発注する場合、その仕事に関わっている人の人数が多くなり、組織も複雑化します。そのため、フレキシブルな対応をなかなか取れない場合が出てくるのです。
しかし、個人の事業主の場合、こちら側のいろいろな要望にも丁寧に答えてくれる場合が多くなります。

デメリット

ただ、ビデオ制作を個人でされているところでは、撮影や編集まで一人ですることになります。
したがって、どうしても人間一人で出来ることには限界があり、キャパシティも限られることになります。
映像の質においても、やはり複数名で制作する動画制作会社に比べるとクオリティを保つのが難しいと言えます。

したがって、ある程度高度な動画作成、色々とした下準備が複雑なものや、大規模な撮影が必要な動画は個人ではなく、映像制作会社に発注したほうが良いと思われます。

また、信用も大切で、せっかく作ってもらった動画を少し手直ししてほしいと思って、またその個人事業主に連絡を付けようとしたところ、連絡が取れなくなったという場合も、中にはあるようです。
ある程度信用できるかどうか事前に調べておく必要があります。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑