映像制作依頼時の注意点とは?

>

出せる費用を決めておく

「これ以上は出せない」と伝える

動画制作依頼でよくある話が、「はじめの見積もり時にはそんなに高くなかったが、結果として予算をオーバーしてしまった」という話です。

一般的に動画を製作する側としては、発注者の要望に応えようといろいろ考慮した後、単純に制作費を計算していきます。
発注者があまり色々な要望を出しすぎると、製作者としては、それに応えようとして、色々なことを積み上げていきます。
動画を依頼する際には、発注する側もポイントを押さえて、ここだけは外せない!と分かりやすく依頼することが必要なようです。

価格に関しても、初めの段階から、「これ以上は出せないので、この予算に収まる中で、一番良くしてください」等、しっかりと予算を伝えておくことが大切です。

そうすれば、動画制作側も、その予算内で出来る限りのことをしてくれるはずです。

動画の目的

動画制作依頼でもう一つ大切なことが、「その動画の目的は何か?」ということです。
もちろん、動画を作るのですから、目的は何個もあるというのが普通だと思いますが、製作者側にとっては、一番の目的を知っていることによって、イメージも膨らみやすくなりますし、制作しやすくなります。

一番の目的を達成する動画によって副次的に第二第三の効果も期待できるようになります。

動画は言葉ではなかなか言い表せないものであるため、その目的はなにか、社内の中でもよく話し合って、その動画を表す言葉を作っておくことが良いと思われます。
動画制作側で一番困るのが、相談する発注先の人間によって答えが変わってくることでもあります。
動画制作を発注する際は、どの人がこの動画発注の責任を負うのか、決めておき、社内の意見の一致を計ることが大切です。


この記事をシェアする

TOPへ戻る↑